カリキュラムポリシー(教育課程の編成方針)

キャリアデザイン学科

  • コース制を採用し、自己のキャリアデザインに合った学びを体系的にできるよう配慮している
  • 学生各自の将来の働き方に必要とされる知識やスキル、資格が得られるよう配慮している
  • 各分野の学びが段階的にできるように、各科目にナンバーリングを施している
  • キリスト教についての基本的な理解が得られるための授業科目や活動を用意している

コミュニティ子ども学科

  • 保育者として必要とされる知識やスキルを、体系的に身に付けられるように配慮している
  • コース制を採用し、保育者としての基本的知識を身に付けるとともに、各自の興味・関心に応じた選択的な学び(福祉・心理、音楽)を用意している
  • キリスト教についての基本的な理解が得られるための授業科目や活動を用意している
  • キリスト教主義保育の特色と有用性が理解できるための授業科目や活動を用意している

授業科目及び年間の授業の計画について

学習の成果に係わる評価

本学では、成績評価制度として広く欧米の大学で採用されているGPA(Grade Point Average)制度を導入している。GPAとは、履修登録した科目の成績評価の点数を単位数で割った平均点のことである。GPA制度は日本国内はもとより海外でも通用する、より客観的な学力証明の指標となる。

[区分]:合格
評価 評点 GP GP対象 評価内容
S 90~100点 4 特に優れた成績
A 80~89点 3 優れた成績
B 70~79点 2 妥当と認められる成績
C 60~69点 1 合格と認められる最低限の成績
[区分]:不合格
評価 評点 GP GP対象 評価内容
E 40~59点 0 合格と認められる最低限の成績に達していない成績「再試験資格有」
F 0~39点 0 合格と認められる最低限の成績にはるかに達していない成績(出席回数が2/3未満、定期試験を未許可で欠席含む)「再試験資格無」
[区分]:保留
評価 評点 GP GP対象 評価内容
R 一時表記 × 正当な理由で定期試験未受験で、追試験の許可を得た科目「追試験資格有」
[区分]:放棄
評価 評点 GP GP対象 評価内容
W 履修放棄 × 授業開始後8週目までに履修放棄を申請した科目
[区分]:認定
評価 評点 GP GP対象 評価内容
P 単位認定科目 × 他大学等で履修した科目の単位を本学の単位として認定した科目

ディプロマポリシー(卒業認定・学位授与に関する方針)

キャリアデザイン学科

  • 各自の卒業後の進路で必要とされる、基本的な知識、スキル、資格を修得していること
  • 卒業後に必要とされる知識等についても、主体的に身に付けていこうという意欲・姿勢を身に付けていること
  • キリスト教について理解し、他者のことを配慮しつつ社会生活を送ることのできる共生の精神を身に付けていること

コミュニティ子ども学科

  • 保育者として必要とされる知識やスキルを身に付けていること
  • 保育者として、子どもの心身の健やかな成長を支えることに対して、責任感と使命感を持っていること
  • キリスト教について理解し、その精神を保育者として実践していこうという意欲があること

卒業の要件

キャリアデザイン学科

本学に2年間以上在学し、所定の科目を履修し卒業に必要な履修単位(68単位以上)を修得することが必要となる。また、卒業のためには在学期間におけるGPAが1.50以上なければならない。

コミュニティ子ども学科

本学に2年間以上在学し、所定の科目を履修し卒業に必要な履修単位(85単位以上)を修得することが必要となる。また、卒業のためには在学期間におけるGPAが1.50以上なければならない。