3つのコース 概要

3つのコースのねらいは、学生自身が興味を持ったことを深く学び、自分の特技・特性を伸ばし、保育者としてのアピールポイントを見出すことです。
※子どもの文化・環境コース、福祉・心理コース、音楽・表現コースで構成され、入学後に選択し、在学中にコース変更は可能です。

子どもの文化・環境コース

子どもの育ちに豊かに対応できる保育者を目指す

子どもの育ちに必要な体験や活動を行うために、伝承文化やあそび、保育教材の活用や環境の構成について学ぶコースです。子どもの育ちに豊かに対応できる保育者を目指します。

福祉・心理コース

福祉や心理に詳しい保育者を目指す

虐待などの辛い経験をした子どもたちや障害のある子どもたちとその養育者に寄り添い、支援できる保育者になるために必要な児童福祉や心理を幅広く学び、福祉や心理に詳しい保育者を目指します。

音楽・表現コース

子どもの表現力や創造力を育む保育者を目指す

子どもの創造力や感性を豊かに育めるよう、保育者自身の感性や表現力を磨くコースです。音楽をはじめとする表現の技能をさらに伸ばします。