2018年度 創立35周年記念公開講座

開催日:7月28日(土)

9:00-10:30 「原風景」の創出:新島学園短期大学の場合〜キリスト教主義大学における礼拝を考える〜
10:40-12:10 マイクロファイナンスとは〜途上国の貧困解消への取り組み〜
13:10-14:40 勘字?感字?漢字!漢字の見方をちょっと変えてみませんか?
14:50-16:20 たてもの工作

9:00~10:30

タイトル:「原風景」の創出:新島学園短期大学の場合〜キリスト教主義大学における礼拝を考える〜
講師:山本 有紀 キャリアデザイン学科教授(キリスト教礼拝学)
定員:100人
開学35周年という節目の年に。「未来に向かう」学びの場を整えてゆく、という課題に直面するなかで、その「未来の風景」の源泉、或いは「種」となるような、キリスト教主義高等教育機関としての「学び舎の原風景」を「今、ここ」に存在するキャンパスの生活の、どこに位置づけてゆくことができるのか、という問いを、キリスト教礼拝学の視点から掘り下げます。地方都市の、小規模な、私学の短期大学である私たちの目指す、「学び舎の原風景」創出の過程を、大胆に思い描いてみましょう。

10:40~12:10

タイトル:マイクロファイナンスとは〜途上国の貧困解消への取り組み〜
講師:松田 慎一 キャリアデザイン学科准教授(金融論)
定員:100人
近年、多くの途上国において、マイクロファイナンス(MF)と呼ばれる、貧困女性や女性の地位向上を目的とした金融サービスが周知されてきています。小口貸付、無担保、高い回収率等を特徴とする新しい金融制度ですが、持続可能なビジネスモデルであるのかなど、MFの仕組みや取り組みの現状と問題などを紹介します。

13:10~14:40

タイトル:勘字?感字?漢字!漢字の見方をちょっと変えてみませんか?
講師:増田 泉 コミュニティ子ども学科専任講師(国語科教育法)
定員:100人
毎日目にする漢字、なかなか覚えられずに苦労する漢字、クイズで見ると意外とおもしろい漢字、・・・・・・と、漢字についてのイメージは人それぞれです。小学校一年生から学習している漢字なのに、意外と知らないことが多いものです。漢字が大嫌いな方も大好きな方も、「えっ?漢字?」とちょっと気になったら、漢字について一緒に考えてみませんか。

14:50~16:20

タイトル:たてもの工作
講師:櫻井 剛 コミュニティ子ども学科准教授(美術教育)
定員:10組、幼児4歳程度〜小学校2年生程度とその保護者
円形校舎などの新島学園短大の建物を見て、建物に親しみ、建物の写真、工作の素材からイメージを広げ、親子で紙を使ってたてものの工作をします。

問い合わせ先・申込み方法

■受講申込みはFAX、メール、ハガキ、電話のいずれかでお名前とご住所及び講座名をお知らせください(当日参加も可)。
■申込みと同時に受付になります。当日直接会場にお越し下さい(駐車場あり)。
〒370-0068 群馬県高崎市昭和町53 TEL. 027-326-1155 FAX. 027-324-1444