地域連携活動

本学園が実施した地域との連携活動を紹介します。

2018年3月9日(金) 円形校舎が登録有形文化財(建造物)に登録されました。

本学の円形校舎が登録有形文化財(建造物)に登録されました。

理事長 湯浅康毅のコメント
旧高崎市立女子高等学校から引き継いで34年、いまや新島学園短期大学のシンボルとなった円形校舎の価値が認められたことを誇らしく思います。学園を見守り続けて下さった方々に感謝し、円形校舎が新島学園短期大学のみならず地域のシンボルとして愛されつづけるよう、保存活用に取り組んでまいります。

学長 岩田雅明のコメント
本学の校舎が文化財に登録されたこと、大変嬉しく、かつ誇りに思います。文化財としての価値を維持しつつ、本学、そして地域の資産として活用していきたいと思います。

2017年11月30日 市内私立大学・短期大学連携事例発表会に参加しました。

高崎市産業創造館で開催された「市内私立大学・短期大学連携事例発表会」に本学キャリアデザイン学科の学生が参加しました。 本学の成果報告は「お前はまだアンナカを知らない ー安中カレンダーの作製を経験してー」と題し、4月から活動を始めた安中市を紹介する卓上カレンダーの製作から納品に至るまでののプロセスを紹介しました。また、今年は本学の学生が司会も担当させていただきました。 お聞きいただいた皆様、ありがとうございました。

2017年10月15日 幼児教育・保育コース「親子との自然遊び」体験活動

国立赤城青少年交流の家において、幼児(年少~年長)と保護者を対象とした「森のようちえん ~ほんわか~」にコミュニティ子ども学科の学生さん12人が参加しました。 あいにくの雨でしたが、森の中でゆったりと過ごしたり、葉っぱを使って絵を描く活動など、自然の中でのんびりして、親御さん、子ども達、スタッフの方々、学生さん、みんなでリラックスした一時を過ごしました♪

2017年度地域連携活動一覧[PDF]

2016年度地域連携活動一覧[PDF]