地域連携活動

本学園が実施した地域との連携活動を紹介します。

2017年5月2日(火) 「野外チャペルアワー」と「わかちあいカフェ」が開催されました

風薫る新緑の中、「恵みをわかちあう」というテーマで野外チャペルアワーが本学中庭で行われました。宗教主任によるイエス様が5つのパンと2ひきの魚を多くの人に分け与えたという聖書のお話、学生によるボランティアや震災の体験についての奨励がありました。そして、学生教職員200人以上が手をつなぎ大きな一つの輪となって祈りを捧げました。
同日のお昼休みには、ボランティア学生が中心になり、心を込めて作ったマドレーヌやクッキー等のスイーツで「わかちあいカフェ」をオープンし、募金活動を行いました。3万4千円の募金があり、東北教区被災者支援センター・エマオと熊本YMCAを通して、東日本大震災と熊本地震の被災地へお送りします。

2017年4月23日 吹奏楽部 花と緑のぐんまづくり2017で演奏

「花と緑のぐんまづくり2017in富岡・安中」で4月23日(日)、本学吹奏楽部が上州富岡駅前広場でのイベントに出演しました。歴史的建造物と色とりどりの花々、そして多くの聴衆の皆さんの拍手に囲まれて新入生3人を含む9人の部員で3曲演奏しました。応援ありがとうございました。

2017年2月17日 市内私立大学・短期大学連携事例発表会参加

高崎市主催の「市内私立大学・短期大学連携事例発表会」が2月17日に高崎市産業創造館で開催され、コミュニティ子ども学科2年生2名が「保育者に求められる保育実践力ー『保育・教職実践演習』での実践を通してー」として地域との連携をふまえた学びについて発表しました。

2016年度地域連携活動一覧[PDF]