新島襄の教育理念

同志社創立者 新島襄(1843〜1890)

— 新島襄と新島学園 —

新島襄は1843年安中藩江戸屋敷に生まれました。若いころ西洋の学問に触れ、密かに出国してアメリカに渡り、10年間勉強をした後に帰国しました。
キリスト教精神に基づく人格教育を提唱して、1875年に同志社英学校(現同志社大学)を設立し、新しい日本を担う数多くの人材を育成しました。
その教育理念は、「伸び伸びと自由に生き、その自由の中で秩序を知り、自分を律し、自分の考えを育て、神の前・人の前にあって恥じることなく、最善の努力を惜しまないで、自分の道を切り開いていける自立・自治の人物を育てること」でありました。
新島学園はこの理念を受け継ぎ、1947年に新島襄ゆかりの地である安中市に設立されました。

本学は中学校・高等学校の歴史と実績の上に、1983年新島学園女子短期大学として、高崎市昭和町に開学しました。

新島学園短大の歩み

1983年 4月

新島学園女子短期大学国際文化学科(英語文化圏、中国語文化圏、フランス語文化圏の3コース)開学

新島学園女子短期大学初代学長に岩井文男、学長事務取扱に高道基就任

11月

実践家政経済専科学校(台湾)と姉妹校提携

1984年 2月

短期留学(アメリカ合衆国、台湾、フランス)開始

1985年 2月

アジア(タイ)スタディツアー開始

1986年 4月

日本文化コース新設

6月

ブルゴーニュ大学(フランス)と姉妹校提携

9月

州立テネシー大学マーティン校(アメリカ合衆国)と姉妹校提携

1989年 2月

放送大学と単位互換の協定結ぶ

1993年 2月

イギリス短期留学、国内スタディツアー開始

3月

短大校舎グレースホール完成

5月

短大開学10周年記念式典挙行

1994年 2月

韓国スタディツアー開始

1995年 6月

エヴァンズビル大学(アメリカ合衆国)と姉妹校提携

1997年 11月

学園創立50周年記念式典挙行

1998年 7月

チェスター大学(イギリス)と姉妹校提携

2001年 4月

現代情報コース新設

2002年 4月

英語メディア、現代情報、日本文化の3コースとなる

9月

西オーストラリア大学(オーストラリア)との提携

2004年 2月

短大開学20周年記念式典挙行

4月

国際文化学科を改組し、キャリアデザイン学科新設

保育学科新設

大学名を新島学園短期大学と変更し、男女共学制とする

2006年 4月

保育学科を改組し、コミュニティ子ども学科新設

2013年 11月

短大開学30周年記念式典挙行

2015年 5月

短大校舎コルヌイエ・ホール(アリーナ、多目的室)完成