学びの概要・特色

子どもの表現力や創造力を育む保育者を目指す音楽コース

弾き歌いや器楽合奏、リズムや創作など、子どもの感性を豊かにする音楽教育に重点をおいたコースです。
ピアノの演奏技術や声楽といった実技をマンツーマンで学び、さまざまなテクニックを身につけながら音楽を通して子どもたちの表現力や創造力を育むことのできる保育者を目指します。

学びのポイント

子どもたちの豊かな感性を伸ばす

子どもたちは毎日いろいろな音に触れ、歌ったり奏でたりしながら自らの感性や表現力を身につけていきます。音楽を通して子どもたちの豊かな感性や創造性を育んでいける保育者を目指します。

ピアノや声楽の技術を磨く

ピアノ・声楽の専門家が個別レッスンを行い、技術力の向上を目指します。また創作やリズム、器楽合奏についても学びます。

音楽の発表や地域貢献活動を積極的に行う

コースの学生を中心とした発表の場を設けるとともに積極的に地域貢献活動に参加し、保育における実践力と応用力を養います。